国産牛の通販は実績選ぶ

国産牛の通販を選ぶ場合、やはり安さで選んだり、国産牛の品種で選んだりするでしょう。

ただ、国産牛は安ければいいというものではなく、安ければランクが落ちる国産牛になってしまうこともありますし、同じ品種でも必ずしも美味しい牛肉とは言い切れません。また、信頼できるショップでなければ安心して購入できないものでしょう。

そのため店舗選びのポイントとしては、通販と店頭販売の双方の販売実績をチェックしてみるといいでしょう。もちろん中には通販専門で販売を行っているところもありますから、そういうところは通販の販売実績を見てみるといいでしょう。

販売実績が良い、ということは簡単に言えばリピーターも多いということで、購入した国産牛に満足しているという事になります。そして販売実績が豊富、取引数が多いということは、それだけ大量に国産牛を仕入れているということになります。

そのため、牛一頭から数kgしか取れないような希少部位も扱っているでしょうし、大量仕入れができる事でより安く仕入れられるでしょうし、常に新鮮な国産牛が提供できるということなのです。

これが販売実績があまりないところだと、本当に信頼していいショップなのかも怪しくなるでしょうし、一頭買いもしておらず、ある部分しか提供できないという事も考えられます。できれば、1年等の短期間の販売実績だけでなく、数十年もの歴史があるようなショップで通販をやっているところが望ましいでしょう。

国産牛と和牛の違い

スーパーなどで牛肉を見ると、和牛という文字が書いているものもあれば、国産牛と書いているものもあります。

「和=日本」、「国産=日本国産」ですから、どちらも同じ牛肉の事を言っているのだろうと思う方もいるのではないでしょうか。

何となくイメージで和牛の方が高価なのかなと思う方もいるでしょうが、実際の違いについて知っている人はあまりいません。はっきり言うと、国産牛と和牛は別物、正確に言えば、国産牛というカテゴリの中に和牛という種類があるということです。

和牛とは肉専用種、つまり牛肉として食べる事を目的として生育されている牛であり、黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種の4品種あり、和牛とはこの4品種もしくはこの4品種間の交雑種の事を言います。

一方で国産牛は、和牛以外の日本で飼育された牛のことで、例えば和牛に乳用の品種(ホルスタインなど)を交配させた牛の事になります。そして、日本で飼育された期間が最も長く、それが3ヶ月以上であれば、それが輸入牛、外国種であっても国産牛となります。

和牛も国産牛である事は間違いないのですが、売り手からすれば他の国産牛と一緒の表記というわけにはいかないので、売る場合には国産牛という表記ではなく、和牛としているのがほとんどです。

つまり、和牛と書かれていないものは、それ以外の国産牛ということになるでしょう。もちろん、味については個人差がありますから、必ずしも国産牛だと味が落ちるというわけではありませんが、たいていは和牛の方が高価で取引されます。

国産牛通販口コミ

目録セットがあって大反響


友達の結婚式があり、その二次会の幹事を任せられました。まぁ、定番のビンゴゲームをしていいかな、と思っていましたが、二次会の参加人数を聞くと30〜40人にもなるとのことだったので、多すぎてうるさくなる事はあっても、会全体で盛り上がるかどうか不安でした。

何か豪華景品を出せばビンゴゲームも盛り上がるのでは?と思いいろいろ探していた時に、国産牛通販ショップを目にしたんです。

すると、そこには目録がついている商品があって、「これだ!」と思ったんです。結婚式が「山形県だったので、米沢牛を食べた事がある人は多いだろうと思ったので、選んだのは松阪牛の目録セットです。

高いですけど、それだけ二次会に参加すれば、なんて事はないんです。
当日、結婚式も盛り上がりましたし、二次会も盛り上げなければという思いはありました。

「1位の方は豪華景品が!」とだけ伝え、最初にビンゴになった方に目録を渡すと、ウォーー!!、とビックリして、周囲が盛り上がり、「松阪牛だって!!」で会全体が大盛り上がり、その後も安い国産牛の目録も足していたので、ビンゴゲームは大反響でした。

会の中盤に新郎新婦が到着したのですが、そこでのお祝い品も花束と松阪牛にしました。しかも主役にはA5ランクです。新郎新婦も本当に喜んでくれました。

以前私が二次会の幹事をした時には、持っているものと被っちゃって、嬉しさ半減だったので、今回は本当に喜んでくれて良かったです。

あわよくば私がビンゴにならないかと思ったんですが、残念でした。でも、自分も食べたくなったんで、自分用にも注文しました。

美味しい牛肉を安く食べるなら国産牛


たまには贅沢をしたい、などとステーキを食べに行ったり、スーパーでもより高い牛肉を購入して食べるということもあるでしょう。

ただ、実際店舗に食べに行けば数千円では済まなくなる事もありますし、スーパーでもかなり高価で取引されており、そう大量に、そしていつも食べられるものではないでしょう。

ですが、国産牛通販なら、そういった美味しい牛肉でも比較的安く食べられるというメリットがあります。国産牛通販だと、A5ランクのような美味しい牛肉が売られているのは分かるが、結局通販でもそういった高級な牛肉は高いんでしょ、と思う方もいるでしょう。

もちろん、スーパーで売られているどこの牛肉かもわからないような物に比べればもちろん価格は高めです。ですが、仮に同じ産地のA5ランクの和牛がスーパーで売られていた場合、同じものでも通販の方が安く提供できる傾向にあります。

それは仲介業者が少ないため、少なくともその分の経費を少なくできるという点もありますし、スーパーでは売れるか売れないか分からないものを売るので、どうしても価格を高くせざるを得ません。ですが、国産牛通販なら注文があって発送するわけですから、安く提供できるというわけです。

もし、ちょっと贅沢をして高級な牛肉を食べたいと思ったら、スーパーではなく通販で購入した方が美味しい上に安く購入できるのです。

しかも国産牛通販では、A5ランクのような最上級の牛肉だけを扱っているわけではありません。ちょっとランクは下がっても美味しくてよりリーズナブルな牛肉も購入できるのです。

三大和牛以外の人気の国産牛

美味しい和牛を食べてみたい、という方は多いですが、実際に松坂牛、神戸ビーフ、近江牛、米沢牛などの三大和牛(四大和牛)はなかなか手に入らない、高価なんでしょ、と思う方が多く、食べたくても食べられないという方もいるのではないでしょうか。

ですが、日本には先述の三大和牛の他にもたくさんの美味しい和牛、国産牛があるものです。元々、人気の和牛のほとんどはルーツが但馬牛となっているので、多少の差はあるものの美味しさは文句がないでしょうから、三大和牛が食べられない方は他の人気の国産牛を選んでみてもいいでしょう。

三大和牛以外の人気の国産牛としては、仙台牛があります。仙台というと牛タンで有名ですが、牛タン以外の牛肉も美味しいのです。仙台牛が人気の理由としては、仙台牛は全国で唯一肉質等級が5でなければ仙台牛ではないからです。

そのため、ちょっと質の落ちる三大和牛よりも肉質がいいのです。次いで人気なのが東国原知事で有名になった宮崎牛です。宮崎牛も仙台牛ほどではないにしても肉質等級が4以上でなければ宮崎牛にはなりません。また、先述のように人気の和牛のルーツになっている但馬牛ももちろん肉質が柔らかく人気があります。

それ以外には飛騨牛、伊賀牛などは三大和牛として名前が挙がることもありますし、佐賀牛は仙台牛に次いで厳しい制限が設けられている人気の牛肉です。

とはいえ、それらの和牛を食するには、やはりその地域でしか食べられない、売られていないものです。ですが、こういった人気の国産牛でも通販ならどこの地域でも簡単に購入できるので、一度購入して食べてみるといいでしょう。

消費者庁の食品表示へ